SHOS

SHOS 14

日時
2013.04.27(土)  開場 19:00 / 開演 19:30
場所
七針(八丁堀)
出演
北村早樹子
麓健一
料金
予約 2,000円 / 当日 2,300円

今年1月1日に発売された、北村早樹子『ガール・ウォーズ』。春になっちゃいましたが、早樹子ちゃんと麓くん、素晴らしい組み合わせのツーマンでお祝いです。

満身創痍である中『ガール・ウォーズ』という、女の子の、恋のたたかいの歌がつまった作品を世に送り出した早樹子ちゃん。歌はあくまで歌であって現実のものではないけれど、その生き様をストレートに感じられて、最高にかっこいいと思いました。特に『こうばしい』は、歌詞に並ぶ言葉は一見えげつないけども、今までの孤独と内省に、頑張ってこうぜ、っていう連帯の要素が加わって、最強やんかと思いました。
そしてラストの『朝も昼も夜も』は、聴く度、好きになってます。みんな自分の恋のたたかいの中にあって、そのたたかいの終わりをどう迎えるかはそれぞれ違うし、終わりすらないかもしれないけど、恋の途中にあるこの曲から受け取る切なさは、みんなに響くものやと感じました。ウォーする熱い気持ちを密かに抱きながら、当日の演奏に聴き入りたいと思います。

共演は、麓健一くんです。3月の初め、七針でのワンマンライブを観ました。新しい曲は間に合いませんでした、と言って、二部構成で昔の曲からコロニーの曲まで演奏してくれました。初めて買った麓くんの音源『YOU DON’T LIKE LOVE SONGS』収録の『うぐいすの谷』を聴けて、とても嬉しかったのを覚えています。助っ人と称して用意されたアイテムでがつんと下ネタを披露し、最前列のお客さんをうつむかせていたのも印象的です。また、七針でライブする時はいつも、水攻めにあったらどうしようと言う危機感を抱いているとも話していました。そんなこの日のMCによると年内に音源をリリース予定とのこと、プロフィールにもある通り、新たな季節へ突入した麓くんの音楽が楽しみでなりません。そして何よりその歌声を、いつまでも届けてほしいなと、思っています。

お二人の演奏を楽しみに、ぜひお越しください。当日七針にて、お待ちしてます。

出演者

『ガール・ウォーズ』

「リア充ども、これが女子だ!」

4枚目のアルバムとなる今作『ガール・ウォーズ』では、今までのピアノ弾き語りという作風を脱ぎ捨て、ほぼ全編カシオトーンとカセットMTRによる原始的な宅録によって制作。女の子たちのたたかいの歌をポップでチープでファニーに繰り広げる新境地の意欲作。

全作詞作曲歌演奏録音編集: 北村早樹子
マスタリング: 宇波拓
アートディレクション: 谷崎榴美

曲目:
1. アイスを買いに
2. 友達になりたい
3. おやつの時間
4. こうばしい
5. だ・い・す・き
6. 賛母歌
7. 朝も昼も夜も

定価: 1,575円(税込)
販売元: warabisco舎
流通: (株)ブリッジ
品番: (WRBC-002)

 

北村早樹子

1985年、大阪府生まれ。高校生の頃より、うたを作って歌いはじめ、2006年ファーストアルバム『聴心器』を、2007年セカンドアルバム『おもかげ』を、チューバディスクよりリリース。2009年、木村文洋監督の映画『へばの』の主題歌をつとめる。2011年、豊田道倫プロデュースによるサードアルバム『明るみ』を、warabisco舎よりリリース。最近では不定期で、一切どこにも放送されない現場型ラジオ番組「きたむらじお」なる活動をしたり、松本亀吉氏発行の『溺死ジャーナル』に私小説的な文章を発表したり、今泉力哉監督の映画『nico』に出演&劇中歌唱したり、課外活動も溌剌。現在は東京在住。2013年1月1日、4枚目のアルバム『ガール・ウォーズ』をリリース。

麓健一

1981年奄美大島生まれ、埼玉育ち。幾つかのバンドで活動の後、2005年頃より個人名義で活動を開始。これまでkitiレーベルより「美化」「コロニー」、美人レコード(にせんねんもんだい主宰)より「炎上する、それ」「あるいはその夏は」等を発表。oono yuuki「stars in videogame」、昆虫キッズ「My Final Fantasy」「text」、スッパバンド「kontakte」にフルート・コーラス等で参加。思春期、筋肉期、チャラ期、三十路を越えて新たな季節へ突入だ。

なお、今回の企画は、warabisco舎の副舎長でもあり、画家のMumu Funakiくんの存在が大きいです。彼が運営を手がける早樹子ちゃんの公式サイトにて、『ガール・ウォーズ』に纏わる文章に触れることができます。ぜひご覧ください。

■warabisco舎日誌
http://kitamurasakiko.net/nisshi

■わらびすこ舎会議~『ガール・ウォーズ』全曲解説!?
http://kitamurasakiko.net/kaigi

 

Mumu Funaki
ペインター。この時点では京都在住。この後は未定。国内外での展示・ライブの他、何人かのミュージシャンとの関わり深く、北村早樹子『明るみ』(2011)のジャケット写真、麓健一『コロニー』(2011)のアートワーク、大野まどかのPV(”Wild Nights―Wild Nights!”2012)などを制作。ウェブサイトはmumufunaki.com

アクセス

七針

〒104-0033 東京都中央区新川2-7-1 オリエンタルビル地下 七針
070-5082-7581

http://www.ftftftf.com/

日比谷線八丁堀駅より
A4出口を出てすぐ八丁堀交差点(角にLAWSONあり)右折、亀島橋渡り、行くとすぐ左側に内田洋行ビル、その角(郵便ポスト有)左に。 直進すぐ右手、一階に理髪店のあるビル、その地下。3分程。

日比谷線/東西線茅場町駅より
1番出口を出て直進すぐ左手、駐車場とファミリーマート(FedexKinkosが2013年8月より入れ替わりました)の間の道を左折、新亀島橋を渡り直進、左手に古書店のある 角を右に曲がり1区画行くと左手一階に理髪店のあるビル、その地下。5分程。

東京駅より
八重洲口出て八重洲通りを直進、八丁堀交差点通過後亀島橋以降は八丁堀駅からの道筋と同様。15~25分程。 (東京駅での京葉線乗り換えは駅内でかなり歩きますので、駅を出て八重洲通りを歩いてきていただいた方が比較的簡単です)

JR京葉線八丁堀駅より
B1出口を出て新大橋通りを茅場町方面へ、八丁堀交差点まで来たらLAWSONの角を右折、亀島橋渡り、 以降は八丁堀駅からの道筋と同様。7分程。

日本橋駅、宝町駅、新富町駅、水天宮前駅、各15分程。