SHOS

SHOS 16

日時
2013.08.10(土)  開場 17:30 / 開演 18:00
場所
喫茶コマヤ(神戸)
出演
池間由布子
植野隆司
さや
DJ
アオツキ書房
音響
西川文章
料金
予約 2,000円 / 当日 2,300円

こんにちは おやすみなさい ハンバーグ ハンバーグ
ありがとう またあうひまで ハンバーグ ハンバーグ

今回のアルバムにおさめられた一曲『ハンバーグ』の歌詞です。終わりの会でぜひ歌ってほしい、大好きな曲です。

池ちゃんに初めて出会ったのは、テニスコーツの録音にお邪魔したときです。のびのびした、でも気遣いのある、楽しい人だと感じました。その後も、うんどらでの活動や、ライブのお手伝いなど、テニスコーツがきっかけで仲良くなった友達です。そんな、東京で出会った大切な人のライブを、関西で企画できることを嬉しく思います。アルバムはギター弾き語りの6曲。ぼんやりと浮かぶ景色と、添えられた気持ちが心地よくて、つい口ずさみたくなる素敵な音楽です。聴くほどに異なる表情が見えてくる歌声も楽しみにしていて欲しいと思います。

一緒に出演いただくのは、テニスコーツ植野さん、さやさんです。今回のSHOSはテニスコーツとの関わりからうまれたものだったので、ぜひお願いしたいと思いました。お二人のそれぞれの活動の一部である、植野さんの真夜中ミュージック、さやさんのうんどらに関わらせていただく機会が少しだけありましたが、録音やごはんや移動の時間を通して、お二人の音楽がつくられていく過程に触れて、お二人も、それぞれの音楽も、さらに好きになりました。ソロのライブは貴重な機会だと思いますので、ぜひ観ていただきたいです。

そして今回は、蒼月書房の金本さんと協力しての企画です。majikick boxに収録された池ちゃんの『アナグマ』の話で盛り上がり、そのまま企画に繋がりました。
関西では初めてのライブ、たくさんの方に観てもらいたいです。

場所は神戸、喫茶コマヤさんでの開催です。千野トリオや半野田さんのライブを観た場所で、居心地のよさと素敵な佇まいがあって、いつか企画させてほしいなぁと考えていました。白い汽笛『私たちの街』のレコーディングが行われた場所でもあります。店主西浦さんはゑでぃまあこんの楯川さん、モツさん、PARA家口さんとのホームッシックアイランダーズのメンバーで、SHOSのチラシを送ると律儀にお返事をくださる、有り難い方です。念願かなってのSHOSです。

アルバムは7月27日発売!ぜひ聴いてみてください!!

出演者

『エクスキューズ、ミイ』

Yuko Ikema / Excuse, me

1. アナグマ Badger
2. マリー Mary
3. 雨はやんだ The rain has stopped
4. 私から遠くへ Far away from me
5. ハンバーグ Hamburger steak
6. 日跡 Sun traces

Delmonti / majikick 2013
m01/ mk36

池間由布子/ Ikema Yuko

2010年よりギターの弾き語りを開始。
ユニット活動を経て、2011年より現在のソロ活動を始める。テニスコーツにコーラス、またうんどら合唱隊に参加している。2013年、majikickレーベルのコンピレーションに「アナグマ」が収録され、ファースト作品「エクスキューズ・ミイ」が同レーベルから7月にリリースされた。

植野隆司

1996年より、さやと共にテニスコーツでの活動をスタート。テニスコーツでの世界的な活躍のほか、Maher Shalal Hash Bazへの参加、DJ KlockとのプロジェクトCacoyなどをはじめとした数々のユニット、セッションでのライブ活動・CDリリースを行う。

http://d.hatena.ne.jp/veno/

アクセス

喫茶コマヤ

JR神戸駅をベエラ神戸口へ出て、ドトールがある出口を右折。西へ向かい信号を渡って直進すると左手にコマヤがあります。

 
 

より大きな地図で KOMAYA を表示